■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがある

■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがある



■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがあるブログ:2019/02/18


ぼくたちのぼくって、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「腹がすいたなぁ~」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「腹がいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
腹がすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ご飯を食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこでぼくは、
ご飯の前に腹がすいてしまったら、
飴を一つ舐めるようにしています。

飴は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
腹がすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

減量中は、
甘いものなどのお菓子類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆に減量に役立つというわけですね。

また
我慢だけの減量で、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ご飯の食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のご飯は少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
飴は減量の強い味方ですよ!

みなさまも、是非お試しくださいね!
■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがある

■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがある

★メニュー

■脱毛情報:ヒゲの脱毛商品選びは慎重に
■脱毛情報:脱毛器のコストを考えよう
■脱毛情報:イーモは最新型のフラッシュ脱毛器
■脱毛情報:大した痛みは無い脱毛サロン
■脱毛情報:人気の脱毛クリーム
■脱毛情報:顔のカラーバランスが重くなるヒゲ
■脱毛情報:職業柄ヒゲを永久脱毛される人達
■脱毛情報:脱毛サロンでの施術の前
■脱毛情報:脱毛クリームには2種類のタイプがある
■脱毛情報:肌荒れ等トラブルがない商品が一番


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これは凄い!脱毛なんでもガイド